自動車保険は賠償責任を果たすことが主目的

強制加入の自賠責保険をはじめ、自動車保険は、事故を起こした際に相手に与えた人的損害や物的損害を賠償することが主な目的です。車検を通す際に自賠責保険に加入しなければなりませんが、自賠責保険は死亡の場合で3000万円、後遺障害で4000万円と、対人賠償の上限額が低く、対物賠償がカバーされません。特に、相手が重傷を負って高度の後遺障害に悩まされたり死亡したりした場合には、賠償額が高額となり、一般的な運転者が自賠責保険で賠償しきれない分を自己負担で弁済することは困難でしょう。したがって、民間会社が運営する任意加入の賠償責任保険のほとんどは、対人と対物の賠償額の上限が無制限となっています。たとえ事故を起こしても、このような任意保険に加入していれば、賠償の際に無資力でも弁済可能なのです。

無保険車と事故を起こしても搭乗者傷害保険に加入していれば安心

ところが、任意保険に加入するかどうかは、運転者の意思に委ねられているため、保険料の支払いを躊躇して任意保険に加入しない運転者も少なくありません。中には、車検を怠って、自賠責保険すら加入していない運転者もいます。こうした無保険車と事故を起こしたら、物的損害はもちろんのこと、人的損害についても十分な賠償金を得られないでしょう。任意保険や自賠責保険の保険料すら支払えない運転者は、自己負担で賠償できる資力がないケースが多いからです。そこで、自動車保険に搭乗者傷害保険を付帯しておけば、事故を起こして運転者や同乗者が死傷しても補償されます。これは、無保険車対策保険と呼ばれることもあり、単独事故で死傷した場合だけでなく、事故の相手が無保険車でも人的被害をカバーしてもらえるのです。