従来の方式の自動車保険、対面型

自動車保険といえば、従来は代理店を通して手続きする対面型でしたが、最近では電話やインターネットで直接保険会社と手続きできる通販型の自動車保険があります。対面型と通販型はどう違うのでしょうか。 対面型の場合の手続きは、代理店の専門知識のある担当者に相談しながら決めるので、疑問点や不明な点を質問することができます。いくつかの補償プランを案内してもらえることがあり、自分に合った適切な補償の保険を選ぶことが可能です。手続きも代理店が行ってくれるのでその負担が少なくて済みます。特に自動車を購入する際に加入する場合は、手続きを一括して行うので非常に楽です。ただし、保険料は代理店を通すので、その分通販型よりは高くなります。

新しい方式の自動車保険、通販型

通販型はダイレクト型あるいはネット型とも呼ばれます。電話やインターネットで手続きができます。対面型と違って代理店に出向いたり、担当者の都合に合わせたりしなくてもよく、自分の都合の良い時に手続できるのです。そういう意味では手続きが簡単にできると言えるでしょう。そして対面型のところで述べたように、通販型は代理店を通さないので保険料が安く済むというメリットがあります。通販型でも相談や問い合わせは可能です。保険会社のサポートセンターなどに電話や公式ホームページのチャットで行なうことが可能です。 このように対面型、通販型それぞれ特徴がありますが、保険の知識がなく保険料が高くても良いからしっかりした補償の保険に加入したい人は対面型が、保険の知識があって保険料を安く済ませたい人は通販型が向いていると言えるでしょう。